ここから本文です

「フレッシュ球宴」アーチの応酬 倉敷マスカットで1.5万人魅了

山陽新聞デジタル 7月15日(金)9時10分配信

 150キロ台の速球に、豪快アーチ―。中国地方初開催となるプロ野球「フレッシュオールスターゲーム2016」(日本野球機構主催、倉敷スポーツ公園、山陽新聞社共催)が14日、岡山県倉敷市中庄のマスカットスタジアムで開かれ、若手スター選手らが迫力あふれる投打を繰り広げ、約1万5000人の観衆を魅了した。

 いきなり、ドラフト1位新人対決が実現した。一回、1番で打席に入ったイースタン選抜の大型ルーキー・オコエ瑠偉外野手(楽天)は、150キロを織り交ぜるウエスタン選抜の高橋純平投手(ソフトバンク)から中越え二塁打で出塁し、俊足を生かして三盗に成功。二回の好機にも適時打を放つなど猛打賞の活躍でファンの期待に応えた。

 ウ選抜も負けじと二回、板山祐太郎外野手(阪神)が右翼ポール直撃の鋭い一発で反撃。すると五回、イ選抜の4番岡本和真内野手(巨人)が左翼席へ特大3点本塁打をたたき込む。夏の夜空を彩るアーチ合戦にスタンドは沸いた。

 試合は打線のつながったイ選抜が6―1で快勝。試合途中には花火が打ち上げられ、ご当地グルメを販売する球場周辺のブースもにぎわった。

最終更新:7月15日(金)9時10分

山陽新聞デジタル