ここから本文です

真鍋大度×アルスエレクトロニカ演出監督対談『メディアアートが社会に与えるインパクト』

SENSORS 7月15日(金)12時0分配信

世界最高峰のメディアアートの祭典『アルスエレクトロニカ』も注目するライゾマティクスリサーチ真鍋大度氏と“アルス“の演出監督ゲルフリート・ストッカー氏のSENSORS特別対談をお届けする。 メディアアートが社会や企業に与えるインパクトをIntelのアート支援などの事例を元に紹介する。メディアアートが社会や企業にインパクトを対談を通して探る。

【メディアアート映像】Nosaj Thing“Cold Stares“ :真鍋大度×アルスエレクトロニカ演出監督対談

メディアアートは単なる「芸術」の域に留まらず、この混沌とした時代の先導者たることも期待される。SENSORSで常に追いかけているライゾマティクスリサーチ真鍋大度氏はまさに“先達あらまほしけれ“としてメディアアートの域からビジネスにつなげる事例を多く作る人物だ。そのような彼が常に参加し続けるイベントがある。毎年9月にオーストリアの首都リンツで開催されるアルスエレクトロニカだ。アワードと展示、そして教育を軸に1979年からメディアアートを追究しているアルスエレクトロニカの総合演出監督ゲルフリート・ストッカー氏の来日にあわせて特別にSENSORS主催で真鍋大度氏とストッカー氏の対談を行った。いつものSENSORS記事に比べると長文になったが、両氏が語るビジネスとアートをつなげる努力について大事な言葉が詰まっているのを大切にしたく、じっくり味わってもらいたい。

テクノロジーが人間に与えるインパクトを実験する

真鍋氏がアルスエレクトロニカで初めて作品を発表したのは2004年、真鍋氏とストッカー氏の出会いは2008年に遡る。真鍋氏がアルスエレクトロニカに招待されてプロジェクトを発表して以来の仲である。
ストッカー氏が初めて真鍋氏に会った時の印象は 「若く、エネルギーとクレイジーなアイディアに満ち溢れたアーティスト」だ。その印象は2016年現在も変わらない、と付け加える。世界中の第一線で活躍するアーティストを見続けるストッカー氏から見ても真鍋氏は 天性のアーティストで“未来への創造に寄与しているアーティストの一人“であると断言する。
真鍋氏もストッカー氏に敬意を表する。当対談ではメディアアート界のアーティスト、そしてディレクターとして第一線で活躍する両氏が現在気になっていることをお互い投げかけあってもらった。メディアアートが時代に与える影響、日本と世界の差異、アートとビジネスの関係などが掘り下げられていく。
(※以下ストッカー氏トーク部分“ST:“と記す。)


真鍋: まずストッカーさんに質問したいこととして、アルスの歴史で言うと1970年代の終わりからテクノロジーを使った表現というのが急速に進化し、さらに、社会にどんどん浸透していって今はもう成熟期と言っていいと思うのですが、その状況をどのように見ているのか?初期の頃から見ているからこその視点で教えてもらいたいです。

ST: テクノロジーはものすごいスピードで進化しています。アルスは1970年のまだコンピューターやマイクロエレクトロニクスが一般に普及する前からそれらを使ったアーティストや作品を紹介しており、テクノロジーの進化や世の中の変化を常に感じております。ただ、昔から変わらないポイントも存在します。それはアーティストはテクノロジーのインパクトが人間の生活にどのような影響を与えるのか?を追い求める習性があるということです。そしてその追究が過去よりも現在、より重要になってきています。というのは、テクノロジーが様々なものをチェンジさせているからです。テクノロジーの進化の中で人々がどのように振る舞えば良いか?悩む時代だからこそアーティストが追究する作品が、いままで以上に意味を持つものとなってきています。

真鍋: テクノロジーが社会に浸透する前に自分たちの体や作品を使って先行して実験し検証できることが、メディアアーティストの役割と考えています。いま、例えばGoogleの様な先進的な企業がすごいスピードでいろんなものを開発して、しかも彼ら自身がアート作品を作り始めていて面白い状況だと思うのですが、ストッカーさんはこの状況をどのように見ていますか?

ST: アートは新しい指針を出すために常に必要だと考えています。同時にテクノロジーやデジタルは日々の生活の方向性を決めるために不可欠になってきている世の中です。アーティストにとって責任範囲がちょっと変わってきていて、テクノロジーそのものが何なのか?ではなくテクノロジーがどのような価値を我々の生活にもたらすのか?が大事になります。そしてテクノロジーを浸透させるためのアプリケーションをどのように作れば、我々の文化に価値あるものとなるか?ということを考えなければならない。これは新しいタイプのアーティストの必要性を生んでいます。私が真鍋さんの作品が好きなのは、メディアアーティストの作品として、新しい文化の創造に寄与するカタチで作品を作っているところです。とても21世紀的で、一番現在において重要なことかもしれません。

1/5ページ

最終更新:7月15日(金)12時0分

SENSORS