ここから本文です

千葉県で約100ミリの猛烈な雨 関東に活発な雨雲 記録的短時間大雨情報

ウェザーマップ 7月15日(金)11時21分配信

 きょう15日は、上空の寒気の影響で関東地方を中心に大気の状態が不安定になっている。
 特に千葉県で雨雲が発達しており、市原市付近では15日午前11時までの1時間に約100ミリの雨が降ったとして、記録的短時間大雨情報を発表し、河川の増水や低い土地の浸水などへの警戒を呼び掛けている。

 このあとも大気の不安定な状態が続くとみられ、夕方にかけては雷を伴った1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降るおそれがある。
 
■16日正午までに予想される雨量(多い所)
 関東地方 150ミリ  

 低い土地の浸水や河川の増水、はん濫、土砂災害に警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに注意が必要だ。

【記録的短時間大雨情報】
 その地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表するもの。

最終更新:7月15日(金)11時53分

ウェザーマップ