ここから本文です

エジプト最古のパピルス文書、初展示 カイロの考古学博物館

AFPBB News 7/15(金) 7:25配信

(c)AFPBB News

【7月15日 AFP】エジプト首都カイロ(Cairo)の考古学博物館(Egyptian Museum)で、ギザの大ピラミッド(Great Pyramid of Giza)の工事の詳細について記した同国最古のパピルス文書の初展示が始まった。同国考古省が14日、明らかにした。

 同省によると、このパピルスは2013年、スエズ湾(Gulf of Suez)沿いの町ザファラーナ(Zafarana)から南へ25キロのワディエルジャルフ(Wadi el-Jarf)港付近で発見された。

 フランスとエジプトの合同チームの調査により、パピルスには、クフ(Khufu)王の下で王の埋葬場所となる大ピラミッドを建造するため、巨大な石灰岩をカイロまで運んでいた港湾労働者らの日々の生活の様子が記されていることが分かった。

 また文書には、ピラミッド建造作業員に食事を与え賃金を支払うため、エジプト各地から集められた資金の一覧も記載されているという。(c)AFPBB News

最終更新:7/15(金) 7:25

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。