ここから本文です

高岩竜一相手に防衛した佐藤光留に“変態”高尾蒼馬が現れ挑戦表明!

バトル・ニュース 7月15日(金)18時30分配信

 14日、全日本プロレス『2016 サマーアクションシリーズ~熊本地震 復興支援チャリティーツアー~』【開幕戦】にて佐藤光留の持つ世界ジュニアのベルトに高岩竜一が挑戦した。

 関節の取り合いやチョップの受け合いとお互いの技を受けきるゴツゴツとした試合が行われ、高岩がデスバレーボムを何発も叩き込み、餅つきパワーボムで叩きつけるも全て返した光留が足とり腕ひしぎでギブアップを奪った。
 その試合後高尾蒼馬が現れ光留に挑戦表明を行うも、光留は「今の試合を見て俺と試合がしたいなんて、君はとんだ変態野郎だよ!今君はどっからどう見たってここで一番変態だよ!誤解するなよ、俺は変態が大好きなんだよ!もちろん受けて立つよ」と挑戦を受け入れる。
 会場からの大“変態”コールを受けた高尾は「この変態の挑戦受け入れてくれてありがとうございます!」と会場からの大“変態”コールに両腕を掲げ変態対決を受け入れた。

最終更新:7月15日(金)18時30分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。