ここから本文です

杉田祐一のダブルスは準々決勝で敗退 [ニューポート/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月15日(金)9時0分配信

「名誉の殿堂テニス選手権」(ATP250/アメリカ・ロードアイランド州ニューポート/7月11~17日/賞金総額51万5025ドル/グラスコート)のダブルス準々決勝で、ブライデン・クライン(イギリス)/杉田祐一(三菱電機)はジョナサン・マレー(イギリス)/アディル・シャマズディン(カナダ)に1-6 2-6で敗れた。試合時間は46分。

杉田祐一はジョンソンに敗れて2回戦突破ならず [名誉の殿堂テニス選手権]

 クライン/杉田は1回戦で第1シードのエリック・ブートラック/スコット・リプスキー(ともにアメリカ)を6-3 6-2で破り、杉田はATPツアーのダブルスで初勝利を挙げていた。

 シングルスに出場していた杉田は1回戦でラッキールーザーのアミル・ワイントラウブ(イスラエル)を4-6 6-3 6-2で倒したが、2回戦で第1シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)に1-6 4-6で敗れていた。

 マレー/シャマズディンは準決勝で、第4シードのプラブ・ラジャ/ディビジ・シャラン(ともにインド)と対戦する。ラジャ/シャランは準々決勝で、マルコス・バグダティス(キプロス)/ジル・ミュラー(ルクセンブルク)を6-4 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月15日(金)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]