ここから本文です

マカオ競馬運営会社が10年連続の赤字に

マカオ新聞 7/15(金) 18:22配信

 豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、グレイハウンド犬を使ったドッグレース、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府と経営権契約を結ぶ民間事業者によって運営されている。

 マカオにおけるカジノ以外のギャンブルについては、スポーツくじを除いて苦戦が伝えられている。

 このほど、マカオの官報にマカオ競馬(マカオジョッキークラブ)を運営するマカオホースレーシング社の昨年度(2015年1~12月期)決算が掲載された。マカオホースレーシング社の昨年度の損失は8840万パタカ(日本円換算:約11.7億円)で、マイナス幅は前年から72.7%拡大となり、2006年から10年連続の赤字となった。地元経済紙の報道によれば、10年間の累積赤字は合計39.6億パタカ(約525.0億円)に達しているという。

 マカオのギャンブル監理当局にあたるDICJの統計では、昨年度のマカオ競馬のベッティングによる売上は前年から59%減の1.25億パタカ(約16.6億円)にとどまっている。なお、同年のマカオのカジノ売上は2308.4億パタカ(約3兆618.2億円)。

 マカオ競馬場は複数の大型カジノIRが建ち並ぶコタイ地区に近いタイパ島にあり、市内複数箇所に場外馬券発売所が存在する。マカオホースレーシング社は1978年から競馬を独占経営しているが、現在は2015年に従来の契約内容を延長するかたちで更新した2年契約となっており、来年(2017年)8月末日に満期を迎えることから、今後の行方が注目されている。

 マカオホースレーシング社はマカオのカジノ経営ライセンスを持つ6陣営の一角にあたるSJMホールディングスやスポーツくじ及びドッグレース運営会社などを傘下に持つ総合観光・娯楽企業グループSTDM社(本社:マカオ)グループの一員。

最終更新:7/15(金) 18:22

マカオ新聞