ここから本文です

冷凍食品、おかず増量します!主役級の存在に

ニュースイッチ 7月15日(金)8時19分配信

メーカー各社、“個食”の世帯へ相次ぎ新製品

 家庭用冷凍食品で、商品を大型化する動きが強まっている。味の素冷凍食品は肉厚が従来比約2倍の「ごろんと肉厚ハンバーグ」を8月12日に発売する。ニチレイフーズも9月1日にリニューアル発売する「お弁当にGood!『衣がサクサク牛肉コロッケ』」を約15%増量。家庭料理に対し、冷凍食品は脇役のイメージが強かったが、共働きやばらばらに食事をする“個食”の世帯増加で主役級の存在に変わりつつある。

 味の素冷凍食品の肉厚ハンバーグは1個の重量が40グラムあり、ボリューム感が特徴。弁当容器に入れると大きさが際立つ。同社の岡本達也執行役員マーケティング本部家庭用事業部長によると「弁当用ハンバーグの“サブのおかず”としての市場規模は、年間約200億円規模」で毎年、縮小しているという。

 一方、メーンのおかずとしての市場規模は「年間700億円で拡大傾向にある」と違いを強調する。メーンのおかずは従来、チルド製品などが中心だったが、冷凍食品で新規参入する。

 ニチレイフーズの牛肉コロッケも、1個の重量を26グラムから30グラムにアップ。牛肉配合量は2割増やした。サイズ拡大では、コロッケの厚さを増すことに重点を置いた。同時発売する「ミートオムレツ」や「チーズカレー春巻」も、豚ミンチや中身具材の量を増やした。

 同社の竹永雅彦執行役員家庭用事業部長は、競合する持ち帰り総菜の台頭といった状況を挙げ「冷凍食品が生き残るには、容量や品質などで顧客の満足度を上げるための挑戦が不可欠だ」と話す。

 さらに、竹永執行役員は「冷凍食品市場は消費増税や値上げの影響から脱し、再成長軌道に入った」と分析する。働く女性や個食世帯の増加で、使い勝手の良い冷凍食品の潜在需要が高まっているからだ。

 味やボリューム感といった、消費者に分かりやすい特徴を打ち出せれば、成長が続くと言えそうだ。

最終更新:7月15日(金)8時19分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]