ここから本文です

海老名JCTで渋滞対策 圏央道内回りから東名へのランプが今日から2車線に

乗りものニュース 7月15日(金)14時10分配信

東京方面は青、名古屋方面は赤でわかりやすく

 NEXCO中日本・東京支社は2016年7月15日(金)、渋滞の緩和を目指し、海老名JCT(神奈川県海老名市)の圏央道内回りから東名高速に向かうランプおよそ500mの区間を、同日から暫定的に2車線に変更したと発表しました。

【高速道路2015渋滞ワーストランキング】

 2015年10月に東名高速から東北道までつながった圏央道では、交通量が増加。海老名JCTでは内回り本線から東名高速方面のランプに進むクルマが増え、さらにそのランプは5.4%の上り坂1車線ということもあり、渋滞が発生することがありました。

 今回の対策では、圏央道内回り本線の左側1車線が東名高速方面のランプにそのまま入る形に変更され、さらにランプ部分では車線数が2車線に増やされました。本線とランプの分流部では、速度抑制対策としてゼブラカラー舗装を実施。さらに、行き先方向がわかりやすくなるよう標識と路面において、東京方面は「青」、名古屋と小田原厚木道路方面は「赤」で色が分けられています。

 NEXCO中日本は、ランプを2車線にすることで上り坂を先頭とする渋滞の緩和と、圏央道の本線を1車線にすることで安全性の確保も期待されるとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月15日(金)18時12分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]