ここから本文です

ロナウドの方がメッシより速い!? 休暇中の2人の豪華ヨットを比較 1000万円の“ロナウド号”にあって、500万円の“メッシ号”に無いものとは……?

theWORLD(ザ・ワールド) 7月15日(金)8時10分配信

同時期にイビサ島で休暇

彼らが望んでいるか否かは別として、もはや2人は運命共同体の関係性にある。一方が素晴らしいゴールを決めれば、他方もビューティフルゴールを披露し、さらに一方がイビサ島でホリデーを満喫すれば、もう一方もまた無意識のうちに引き寄せられていくのだ。

常日頃、世界最高峰の舞台で凌ぎを削り合うリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドだが、シーズンオフのピッチ外においても彼らは同じゾーンを楽しんでいる。スペイン紙『SPORT』が同時期に地中海沖合のイビサ島にて休暇を過ごす2人のスーパースターを特集し、両者にとって御自慢の豪華なヨットを比較。ポルトガルの英雄が使用する贅沢なヨット“MY Asciari号”は全長が36mあり、そのレンタル料は1週間でおよそ1040万円だという。一方のアルゼンチン人アタッカーが誇る“Maiora Seven C号”も負けてはいない。同紙によると後者のヨットは全長28mで、約540万円でレンタルできる。“ロナウド号”と比較すればお手頃な価格といえるだろう。そしてなんといっても最大の注目点は、世界のサポーターだけでなく、おそらくは当の2人も気にかけているかもしれない“スピード勝負”だ。ロナウド号が22ノットを誇るのに対し、メッシ号は18ノットと、わずかながらユーロ覇者が上回っている。

この微々たるヨットクオリティの差が、次回のバロンドール選定にいかなる影響を及ぼすかは分からないが、最後に『SPORT』はメッシ号には無く、ロナウド号には備わっている重要な機能を紹介した。世界中の嫉妬を集める後者の独身貴族が誇るヨットには、今流行りの最新テクノロジーを駆使した専用ドローン、そして海上ながらゴルフを楽しむことができるグリーンが設置されているのだ。

一般人の理解をはるかに超越した領域で、彼らはまさにこの瞬間も比較され続けている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月15日(金)9時4分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報