ここから本文です

X線天文衛星「ひとみ」の後継機を20年に打ち上げ

ニュースイッチ 7月15日(金)8時30分配信

「基本設計は変えず、なるべく早く確実なものを作る」(JAXA)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、文部科学省宇宙開発利用部会で、4月に運用を断念したX線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げる案を示した。今後、後継機製作の内容を検討していく。早期かつ確実な製造を目的とするため、ひとみの再製作を基本にしつつ、事故対策を施した機体を設計する。性能が実証されている「軟X線分光検出器(SXS)」を搭載し、国産ロケット「H2A」で打ち上げる予定。

ひとみの事故を踏まえ、事故原因となった姿勢制御系に対し複合的な対策を施すなど設計内容を見直す。久保田孝JAXA宇宙科学研究所宇宙科学プログラムディレクタは「基本設計は変えず、なるべく早く確実なものを作る。また開発コストも下げたい」とした。

世界でひとみの次の大型X線天文衛星は欧州主導で28年に打ち上げが計画されている「アテナ」。

だが、それまでの12年間に大型X線天文衛星がない空白期間が生じるため研究が停滞してしまう。そのため、ひとみの後継機の速やかな製作が求められている。

最終更新:7月15日(金)8時30分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]