ここから本文です

浦安6月景況調査、「収益改善」30%に上昇

日刊産業新聞 7/15(金) 13:51配信

 浦安鉄鋼団地協同組合(理事長=湊義明・野村鋼機社長)がまとめた6月の景況実感調査(対象=147社、回答率93・2%)によると、前の月に比べ、収益状況(粗利)が改善した企業は前月比20・3ポイント上昇の30・6%となり、4カ月ぶりに悪化した企業の数を上回った。ただ、稼働日が増えた影響が大きいとみられ、「売上、販売数量ともに微増にとどまった」(薄板・表面処理鋼板を扱う組合員)との声が聞かれた。

最終更新:7/15(金) 13:51

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。