ここから本文です

「きりりとした冷たさ」最後まで 阪急そば若菜に「かき氷そば」登場

乗りものニュース 7月15日(金)17時26分配信

ポテトの次はかき氷

 阪急阪神レストランズは2016年7月9日(土)、阪急電鉄の駅構内にある「阪急そば若菜」で、新メニュー「かき氷そば」を発売しました。

 かけそばにフライドポテトをのせた「ポテそば」を2015年に発売し話題をさらった「阪急そば若菜」が、この夏はざるそばにかき氷をのせました。

「かき氷そば」は冷たく締めたそばを、刻みあげと一緒に、細かく削った氷で閉じ込めたものです。わさびを溶いたそばつゆをかき氷全体にかけると、氷がほど良く溶けてそばがさらに締まり、「きりりとした冷たさ」を最後まで味わえるといいます。また、かき氷の溶けた冷たいつゆに天ぷらをつけると「驚きの味わい」を楽しめるということです。

 販売店舗は「阪急そば若菜」の十三店と西宮北口店。販売期間は8月31日(水)までの予定です。「かき氷そば」単品は500円、天ぷら添えは700円。そばはうどんに変えることもできます。

 阪急阪神レストランズは「『ポテトがドーン!』の次は『かき氷がドーン!』。これからの暑い日に食べたくなる『かき氷』と『ざるそば』の組み合わせで、新しい涼感をお楽ください」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月15日(金)17時26分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]