ここから本文です

異形棒市況 関西、4.9万円に下落

日刊産業新聞 7月15日(金)13時52分配信

 関西地区の異形棒鋼市況は弱基調で推移しており、直送価格が4万9000円(トン当たり、ベースサイズ)どころに値下がりした。市中では安値への警戒感もあるが、目先、市況は安値寄りの推移が続くと予測される。

最終更新:7月15日(金)13時52分

日刊産業新聞