ここから本文です

℃-ute岡井千聖、声帯結節からの回復を報告。「全力でパフォーマンスします!」

E-TALENTBANK 7月15日(金)17時40分配信

7月14日、声帯結節のため療養期間に入っていたアイドルグループ・℃-uteの岡井千聖が℃-uteオフィシャルブログを更新し、術後の体調を報告すると共に活動再開を宣言した。

岡井は声がかすれる自覚症状があったため、病院で診察を受けたところ、「声帯結節」と診断された。5月28日にはオフィシャルサイト上でも「医師、本人と相談した結果、早期完治を目指し手術及びしばらくの間療養することとなり、6月22日に行われるファンクラブイベント後の活動から治療に入ります」と発表していた。

今月7日には岡井は自身のブログで「皆さんにご報告です!手術無事に成功しました」と報告し、「今後の活動は、しばらくはお医者さんと相談をしながらにはなるのですが、参加できるものには全力で参加していきたいと思っています」と活動再開に向けての意欲を綴っていた。

昨日14日に公開したブログでは、「今回の歌番組の特番には出演していいとお医者さんから了承を得る事ができました」と体調の回復を報告した。「出れるか出れないか、ずっとソワソワしていたので本当に嬉しいです」「5人で全力でパフォーマンスします!」と、再びメンバー5人で番組に出演できることへの喜びを書きつづりブログを締めくくっている。

今後の歌番組やコンサートの出演は経過を見つつの参加になるとのことで、元々グループの出演予定に入っていた16日深夜放送のTBS系「音楽の日×CDTV 朝まで夏フェス!2016」や、18日放送のフジテレビ系「FNSうたの夏まつり」でも岡井の元気な姿を目にすることができるかもしれない。

ブログには「5人のパフォーマンス見れるの、超嬉しいです」「術後の経過も順調のようで良かったです!」「本当に再発は絶対にダメなので、本当に気をつけながら活動してくださいね!」と、岡井の復活を喜ぶコメントや体調を気遣うコメントが多く寄せられていた。

最終更新:7月15日(金)17時40分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。