ここから本文です

初めて可視化。インフルエンザウイルスが細胞に侵入する方法

ギズモード・ジャパン 7月15日(金)21時10分配信

ワシントン大学の研究者たちが、インフルエンザのウイルスが細胞の中に侵入していく様子を初めて可視化しました。

Kelly Leeさん率いる研究チームが高性能電子顕微鏡を使って映し出したのは、膜融合の過程です。膜融合とは、2つの別々の生物学的存在がひとつへと融合すること。今回の研究ではインフルエンザウイルスと、小さな脂質の小胞(リポソーム)が使われています。リポソームは、このタイプの電子顕微鏡が細胞をそのまま使うには適さないとのことで、細胞膜の代わりに使われました。Journal of Virology最新号で発表されたその結果を見てみましょう。

■ 青:融合プロセス初期、ヘマグルチニンのスパイクタンパク質が相手の膜をつかみ、ウイルスと標的との間に橋を形成する。

■ 黄色:ヘマグルチニンのタンパク質がヘアピン状の構造へと折り直され、2つの膜を引き寄せる。

■ 緑:2つの膜はきつくドッキングされ、融合機構のすべてが外縁に押し当てられている。

■ 白いスケールバーは50ナノメートル

「ウイルスの融合機構は、標的の膜障壁をコントロールすることで穴をあけ、ゲノムの積み荷を細胞内にばらまきます。我々は、この過程のさまざまな段階を画像にしました」とLeeさんは語ります。

このプロセスは数段階に分けることができます。まずインフルエンザウイルスは、複数の短いペプチド断片を投げます。これは言ってみればグラップリングフックのような役目を果たします。ペプチド断片は標的の膜をつかみ、その構造を変化させて、お互いの膜をきつく締め合わせます。

ウイルスは標的に寄り添い、互いに接する面が大きくなるようにします。そしてこの接面が開き壊され、ウイルスがリポソーム内部に入るための穴となります。そしてウイルスはゲノムの積み荷をそこへ運び入れ、新たな感染を生むのです。

「つまり、これらのウイルスはトリガーに反応し、トランスフォーマーみたいに自らの構造を変化させるナノスケールの機械を進化させていったのです」とLeeさん。「ナノスケールで、生物学的スケールの、とても小さな機械が手術を行なうんですよ」

1/2ページ

最終更新:7月15日(金)21時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]