ここから本文です

伊万里2-0致遠館 伊万里・川原3安打完封 高校野球佐賀大会第4日

佐賀新聞 7月15日(金)11時44分配信

直球切れ 凡打の山

 好投手川原を擁する伊万里が致遠館に完封勝ちした。

 五回、2死から四死球で一、二塁とし、4番草野の中前打で1点を先制。1-0の九回には、1死二、三塁の好機に1番岩永がスクイズを決めて1点を加え、リードを広げた。主戦川原は、切れのある直球で被安打3、無四球と、相手に付け入る隙を与えなかった。

 致遠館は1点を追う八回に先頭の6番藤原が二塁打を放ったが、後続が打ち取られた。

▽2回戦(みどりの森県営球場)
伊万里000 010 001 2
致遠館000 000 000 0
▽二塁打 岸川(伊)藤原(致)

伊万里・川原 3安打完封 直球切れ、凡打の山

 伊万里の主戦川原啓吾は、最後の打者を右飛に打ち取るとマウンドでグラブを一たたき。致遠館打線を無四球で3安打に抑え、エースの役目をきっちり果たした。

 「順延の影響もなく、最初から体がよく動いていた」と川原。初回から打者3人で抑える完璧な立ち上がりを見せると、ゆったりとしたフォームから切れのある直球を打者の膝元に投げ込み、凡打の山を築いた。

 1点リードで迎えた六回には2ボールから甘い直球を二塁打にされたが、「これでさらに気合が入った」。代打井原を139キロの直球で三振に打ち取ると、続く8番野口は低めのスライダーで中飛に。最後は9番江頭直を3球三振に打ち取って、相手に傾きかけた流れを引き戻した。

 「しっかり疲れをとって、また、いい直球で勝負したい」と川原。18日の3回戦に早くも視線を向けていた。

致遠館・荒木祐一

 (主将としてチームをけん引)この試合は江頭悠を援護できなかったが、今夏は7年ぶりに勝てて自分たちの野球ができた。

最終更新:7月15日(金)12時6分

佐賀新聞