ここから本文です

全仏ジュニア優勝のマサロバがヤンコビッチを倒す [グスタード/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/15(金) 18:00配信

 スイス・グスタードで開催されている「グスタード女子選手権」(WTAインターナショナル/7月11~17日/賞金総額25万ドル/クレーコート)の1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した16歳のレベッカ・マサロバ(スイス)が第2シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)を1-6 6-4 6-2で破るという快挙をやってのけた。

スイスのマサロバがトップ2シードを連破して優勝 [全仏オープン・ジュニア]

 WTA大会の本戦出場はこれが初めてとなるマサロバは、「素晴らしい気分よ」と試合後に感慨深く話し、「この試合のために精神的にも肉体的にもしっかりと準備をしてきた。この試合をプレーできて本当にうれしかった。いい経験になるとはわかっていたけど、勝ちたいと願い、やってのけられてうれしいわ」と続けた。

 マサロバは今年の全仏オープン・ジュニアでトップ2シードを倒して優勝。その結果、このWTA大会のワイルドカードを手に入れた。

 また、同じく地元のビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)は第7シードのモナ・バートル(ドイツ)を2-6 6-1 7-5のフルセットの戦いの末に破っている。

 フルセットの試合ばかりだったこの日は、カリナ・ベットヘフト(ドイツ)がシュテファニー・フェーゲレ(スイス)を6-4 4-6 6-1で打破。また、カテリーナ・シニアコバ(チェコ)はかつて世界7位だった37歳の超ベテラン、パティ・シュナイダー(スイス)を2-6 7-5 6-4で退けた。

 一方、ダブルス1回戦に出場した日本の高畑寿弥/久見香奈恵(ともに橋本総業ホールディングス)は、第3シードのララ・アロアバレーナ(スペイン)/セニア・ノール(スイス)に0-6 6-7(1)で敗れた。

 今週、悪天候に見舞われている今大会は、まだ1回戦をすべてを終えることができていない状況だ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Rebekah Masarova of Switzerland plays a backhand during the Girl's singles first round match against Ekaterina Makarova of Russia Lazic of Great Britain on Middle Sunday of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7/15(金) 18:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。