ここから本文です

アメリカ:中国への市場経済国は自動的には行われない

済龍 China Press 7/15(金) 15:44配信

 2016年7月14日、アメリカ通商代表部(USTR)は、世界貿易機構(WTO)の中国に対する市場経済国認定について、自動的に認定されるものではないとの立場を表明した。

 中国は2001年に非市場経済国としてWTOに加盟した。合意文書によると、中国の非市場経済国としての認定期間は15年であった。中国は非市場経済国としての立場が失効した後には、自動的に市場経済国に移行すると解釈しているが、アメリカが拒否している。
 
 非市場経済国は、ダンピング調査の際に、市場経済国と比較して厳しい基準を求められるため、他加盟国からの反ダンピング措置を受けやすい。そのため中国は市場経済国への移行を強く求めている。
 
 しかしアメリカやEUは、中国による生産過剰問題などを理由として、市場経済国としての認定に慎重な立場を示している。

(China Press 2016:IT)

最終更新:7/15(金) 15:44

済龍 China Press

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。