ここから本文です

杵島商9-1佐賀農 杵島商、再試合は圧勝 高校野球佐賀大会・第4日2回戦

佐賀新聞 7月15日(金)12時1分配信

 杵島商は初回2死一塁から4番多々良らの3連打で2点を先制。三回には5番早田の適時三塁打などで3点を挙げ、四、六回にも打線がつながって2点ずつを追加した。投げては早田、八田の継投で、佐賀農打線を1安打に抑えた。

 佐賀農は六回無死から今田の出塁を足場に1点を返したが、最後まで相手投手陣を打ち崩せなかった。

杵島商・早田悠冶

 (2安打3打点の先発投手)いい打撃から投球にもリズムをつなげられた。次もしっかりコースを突いていく。

佐賀農・古賀利基

 (引き分け再試合に続き先発、四回途中までで7失点)調子は良かったが、初回にランナーを出して焦ってしまった。

▽1回戦(佐賀ブルースタジアム)
杵島商203 202 0 9 
佐賀農000 001 0 1 
   (七回コールド)
▽三塁打 早田(杵)
▽二塁打 早田、松石(杵)

最終更新:7月15日(金)12時1分

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。