ここから本文です

【日米大学野球】侍J大学代表、3大会ぶり完封負け 東大・宮台ら投手陣健闘も打線が沈黙

Full-Count 7月15日(金)21時10分配信

1番打者・佐藤拓也が猛打賞、9回も二塁打で出塁するも0-1で惜敗

 第40回日米大学野球選手権第3戦が15日、東京・明治神宮球場で行われ、日本代表は0-1で敗れた。日本代表が完封負けするのは、2009年第1戦以来3大会ぶりのこと。第1、2戦と制したロースコアの戦いで、この日は敗れた。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 3連勝での優勝が懸かったこの日、日本代表の先発を務めたのは、33年ぶりに東大から選ばれた左腕・宮台康平だった。初回は先頭に四球を与え、盗塁などで2死三塁とした直後、再び四球で歩かせて2死一、三塁としてしまう。ここで横井人輝監督がマウンドへ。直後、5番ハリソンと対峙した宮台は、初球で自己最速150キロをマーク。伸びのある速球で空振り三振を奪い、難を逃れた。

 失点したのは3回だ。先頭フリードルに一塁バント安打で出塁されると、二盗を許して無死二塁。ここで2番ケンドールに左翼線へ二塁打され、先制点を献上してしまった。1死を奪った後、4番バーガーの打席で三盗されて1死三塁。バーガーを146キロ速球で見逃し三振に仕留めたが、ここで降板となった。

 マウンドを継いだのは、サイドスローの水野滉也(東海大北海道)。独特のフォームから繰り出される米国打線のタイミングを外し、3回を無失点に抑える好救援をした。6回2死からマウンドに上がった3番手・濱元航輝(神奈川大)も3回を無失点救援。4番手・吉川峻平(関西大)も1/3回をピシャリと抑えた。日本の投手陣は合計16三振を奪った。

 打線は、米国先発マクケイと2番手レンジの緩急を生かした投球を打ちあぐね、初回に先頭佐藤拓也(立教大)が中越え二塁打を放った後は、6回2死まで再び佐藤が中前打するまで無安打。9回にも1死から佐藤が3安打目となる右翼線二塁打を放ったが、他の打者から快音が響くことはなかった。

 第4戦は16日静岡県草薙総合運動場野球場で行われる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月15日(金)21時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]