ここから本文です

日韓融合で宇佐美のリベンジは準備OK! 世話焼きの“ジャチョル兄貴”と同じ釜の飯に喜びのピース「家に招待してくれました」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月15日(金)14時30分配信

アジアのホットライン実現へ

今夏にJリーグのガンバ大阪からブンデスリーガのアウクスブルクへ移籍した日本代表FW宇佐美貴史のドイツ生活を、韓国代表MFク・ジャチョル“先輩”がアシストしている。

2011年から2年間を過ごしたバイエルン・ミュンヘンでの不遇を挽回すべく、第2の欧州チャレンジに臨む24歳の若者にとって、27歳の頼れる兄貴は貴重な存在だ。多くの日本人の期待を背負う宇佐美が14日、自身のInstagramを更新し、アウクスブルクの先輩ク・ジャチョルと肩を組む2ショット写真を投稿。「ジャチョルさんが家に招待してくれました。ご飯も美味しかったし楽しかった」とのコメントを添え、早くもアジアのホットラインを形成している。かつてヴォルフスブルクやマインツでもプレイしたジャチョルが、日本人選手にピッチ外で素晴らしいアシストを見せたのは今回が初めてではない。日本代表MF長谷部誠も幾度かジャチョルに夕食を招待されており、良好な関係を築いていた。

なおアウクスブルクにはク・ジャチョル以外にもチ・ドンウォンが在籍しており、彼らによるアジアンコネクションが来季のドイツを席巻することを願いたい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月15日(金)14時49分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]