ここから本文です

西武・栗山、15年目のオールスター初打席で初ホームラン

Full-Count 7/15(金) 21:35配信

中崎の143キロ直球を右中間へ

 西武の栗山巧外野手が、オールスター初打席で初ホームランを放った。

 ヤフオクドームで行われた「マツダオールスター 2016」第1戦。栗山は7回の守備から出場すると、3点を追う9回無死一塁で初めての打席へ。1ボール1ストライクから、広島守護神・中崎の143キロの直球をフルスイング。右中間へ叩き込んだ。

 プロ15年目を迎えた西武の精神的支柱は、これが意外にもオールスター初出場。西武ファンの期待に応える、会心の一発となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/15(金) 21:46

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革