ここから本文です

【球宴第1戦】全セが“空中戦”制して勝利 一発含む2安打の筒香MVP「楽しく出来ました」

Full-Count 7/15(金) 21:49配信

15年目で球宴初出場の西武・栗山は初打席でホームラン

「マツダオールスター 2016」の第1戦が15日にヤフオクドームで行われ、全セが5-2で勝利した。巨人の坂本、DeNAの筒香、ヤクルトのバレンティンと3選手がホームランを放ち快勝。筒香がMVPに選出された。

 全セが菅野(巨人)、全パが和田(ソフトバンク)の両先発でスタートした一戦。ともに2回を無安打と完璧な投球を見せた。初ヒットが生まれたのは3回。坂本(巨人)がロッテ石川から右中間へソロ弾を運んだ。

 さらに、5回には全パの3番手・則本(楽天)から筒香(DeNA)が右翼へソロ。1死からはバレンティンも豪快な一発を放ち、3-0とした。

 一方、全パは5回に長谷川(ソフトバンク)が野村(広島)からホームラン。全セの一発攻勢に対抗して1点を返す。8回には田村(ロッテ)がマシソン(巨人)からタイムリーを放ち、1点差に迫った。

 しかし、全セは9回にサファテ(ソフトバンク)を攻め、戸柱(DeNA)が2死二、三塁からセンターへ2点タイムリー。再び3点差とした。

 全パはその裏、先頭の糸井(オリックス)が中崎(広島)から四球を選び出塁。すると、プロ15年目でオールスター初出場となった栗山(西武)が初打席で豪快な一発を右中間に叩きこみ、またも1点差に迫った。

 それでも、最後は中崎がレアードを遊ゴロに仕留めてゲームセット。全セが5-4で逃げ切った。MVPには、ホームランを含む2安打1打点と活躍した筒香が選出。インタビューで「楽しく出来ました。初めてのホームランだったので、すごくうれしかったです。特別な試合ですので、オールスターでホームラン打ててうれしいです」と振り返った。

 第2戦は16日に横浜スタジアムに舞台を移して開催される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/16(土) 1:26

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。