ここから本文です

[移籍]クロップお気に入りの若手をボーンマスがクラブ史上最高額で獲得 昨季は41試合に出場

theWORLD(ザ・ワールド) 7月15日(金)16時30分配信

「大きな可能性を秘めている」

ボーンマスがリヴァプールに所属するU-21イングランド代表FWジョーダン・アイブを4年契約で獲得したことを公式サイトで発表している。

アイブは弱冠20歳ながら昨季はリヴァプールで41試合に出場し、ユルゲン・クロップ監督のお気に入りの選手として知られていた。しかしボーンマスがクラブ史上最高額となる1500万ポンドを用意したことでクラブは放出を決意したようだ。

今回の移籍に際してボーンマスのチーフエグゼクティブを務めるネイル・ブレーク氏は「ジョーダンを連れてこれてうれしいよ。彼は昨季リヴァプールでも多くの試合に出場していたし、我々のもとで成長するのが楽しみだ。大きな可能性を秘めている」と話している。

意外とも言える今回の移籍劇だったが、アイブのボーンマスでの成功を祈りたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月15日(金)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。