ここから本文です

ハメスがレアル分裂のキッカケに!? 売却したいジダンと寵愛するペレス会長の間に溝か

theWORLD(ザ・ワールド) 7/15(金) 17:32配信

意見の相違か

彼の昨季は決して心地良いものではなかったが、そのネガティブな流れは現在も続いているようだ。昨季のチャンピオンズリーグ覇者レアル・マドリードが、ハメス・ロドリゲスへの処遇をめぐって内部分裂の危機に瀕しているという。

2014年のブラジルW杯では得点王に輝く活躍を披露し、大会終了後に鳴り物入りで白い巨人のユニフォームを纏うことになったコロンビア代表アタッカーだが、100億円以上ともされる破格の移籍金に見合う活躍を見せられていない。甘いルックスが世界中の女性を虜にし、凄まじいペースでレアルのユニフォームを売り上げた“人気者”ハメスに、同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長は寵愛を続けているとされ、スペイン紙『as』はそんな同会長とジネディーヌ・ジダン監督の間で溝が生じていると伝えた。このフランス人指揮官は、ハメスのパフォーマンスに満足しておらず、プライベートにおいても問題を抱えたレフティーに一切の信頼を寄せていない。つまり、夏のマーケットでハメス放出を願うジダンと、素晴らしい“副収入”をもたらすMFに価値を見出すペレス会長との間に、考え方の相違があるというのだ。

マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンといったクラブが強い関心を示しているとされるハメス。まさか自分の去就が原因でレアル・マドリードに内部分裂をもたらす可能性があるとは想像すらしていなかっただろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/15(金) 17:32

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報