ここから本文です

飛び込め五輪舞台 水泳代表・坂井選手にエール

カナロコ by 神奈川新聞 7月15日(金)7時3分配信

 相模原市出身で、リオデジャネイロ五輪水泳競技の男子板飛び込み代表の坂井丞選手(23)=ミキハウス=を紹介するコーナーが市役所1階にお目見えした。寄せ書きコーナーも設置され、21日まで激励のメッセージを募集している。

 坂井選手は市立谷口台小学校から同大野南中学校、麻布大学付属渕野辺高校(現麻布大付属高)と、市内の小・中・高校に通い、日本体育大学に進学。現在は中央区に住んでいる。

 特設コーナーには、「飛込界初のメダル」と五輪の目標を示した直筆の色紙や、本人が着用していた日本代表のチームウエアなどが展示されている。

 また、寄せ書きコーナーに設置された旗に自由に書き込むことができ、「夢に向かって飛び込んで」「はやぶさのように、諦めず頑張れ」などのメッセージが書かれている。旗は今月下旬に本人に直接手渡される予定。

 市立大野南中で坂井選手の1学年先輩だった女性(24)は「地域みんなで応援している。メダル目指して頑張ってほしい」と話していた。

 特設コーナーの展示は8月19日まで。

最終更新:7月15日(金)7時54分

カナロコ by 神奈川新聞