ここから本文です

神戸須磨の水族館で夏限定イルミネーション

Lmaga.jp 7月15日(金)14時0分配信

夏の夜の水族館をイルミネーションで彩る『神戸須磨アクアイルミナージュ』が、「神戸市立須磨海浜水族館」(神戸市須磨区)で7月14日からスタート。8月31日まで開催される。

館内では生き物と光を融合させたイルミネーションも

ハワイをモチーフに、ペンギンやイルカ、ヤシの木や花火などでサンセットビーチを再現した、このイルミネーション。水族館内では生き物と光を融合させたイルミネーションも展開され、初日に訪れた人々は目を輝かせた。

メインイベントである『イルカトワイライトライブ×プロジェクトマッピング』には、同水族館の吉田裕之館長が「アロハー!」と明るい声で登場。今回、初の試みとなるこの催しについて、「たくさんの方の協力でこの日を迎えられました。海からいただくたくさんの恵みに感謝の気持ちを込めて創り上げたライブ。ぜひ楽しんでいただきたい」と挨拶した。

ライブでは壁面に映像が映され、それをバッグにイルカたちがパフォーマンス。光と映像、音楽とシンクロしたイルカが躍動するたびに、観客席からは大きな歓声があがった。このほか、トロピカルドリンクなどが楽しめるハワイアンフードや物産ブースもスタンバイ。通常17時閉館の同水族館だが、期間中は22時まで営業される。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:7月15日(金)14時0分

Lmaga.jp