ここから本文です

ライトセーバーで開会式、大阪でスター・ウォーズ展

Lmaga.jp 7月15日(金)22時16分配信

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が大阪「あべのハルカス美術館」(大阪市阿倍野区)で7月16日からスタート。15日に、スター・ウォーズの衣裳に身を包んだ約70名が参加し、開会式が行われた。

C-3POの展示を眺める、参加者(C-3PO)

あべのハルカス美術館の館長・浅野秀剛さんは「衣裳、フィギュアなど様々な展示があるんですが、びっくりしたのはライトセーバーの持ち手が、人それぞれによって微妙に違うんです。それが非常に精巧。ほかにも、イメージのビデオもありますし、すばらしい絵画も、精巧な模型もたくさん並んでいます。きっと満足してもらえる内容になったと思います」と挨拶を述べた。

そして、企画展を待ち望んだ参加者たちとともにライトセーバーを手に、テープカットを行い、大歓声が上がった。今回は、ジョージ・ルーカスが世界から選りすぐったアーティストの作品と共に、映画制作で実際に使用された衣裳や小道具など約150点を展示。参加者たちはスターウォーズの世界に浸り、限定グッズを購入する人が続出。なかには、すでに二度目の来場を心に決めた人も。開催は8月末まで。料金は1,500円、大高生1,100円、中小生500円。

最終更新:7月15日(金)22時16分

Lmaga.jp