ここから本文です

スーパーGT:4名のドライバーがGT300ルーキーテストに合格。レース出場が可能に

オートスポーツweb 7月15日(金)20時54分配信

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、7月8~9日に鈴鹿サーキットで開催された公式テストで実施されたルーキーテストの結果について発表した。4名のドライバーが合格している。

【牧野がドライブしたシンティアム・アップル・ロータス】

 スーパーGTでは、下記に該当する者はルーキーテストに参加しなければならず、ドライバーごとの複数周回の平均ラップタイムや走行マナー(スピンやコースアウトすることなく、連続して10周をレーシング速度で安定して走行する)を材料に、GTAがスーパーGTのドライバーとしてふさわしい技術を保有しているか否かを総合的に判断する。該当項目は下記のとおりだ。

(1)スーパーGTのレース大会に初めて参加するGT300クラスのドライバー
(2)2シーズン以上スーパーGTレース大会に参加していないGT300クラスのドライバー
(3)2015年度ルーキーテストに「条件付き」で合格したドライバー
(4)GTAより指名されたドライバーおよびチーム

 今回鈴鹿で延べ5回実施されたルーキーテストの結果、合格したのは下記の4名。この結果、スーパーGT参戦が認められることになったが、4名とも実績からすれば当然の結果と言えるだろう。

・牧野任祐(Cars Tokai Dream28)
・中野信治(TEAM TAISAN SARD)
・ジョノ・レスター(LAMBORGHINI Team DIRECTION Shift)
・石川京侍(Rn-sports)

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月15日(金)20時57分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。