ここから本文です

映画『聖の青春』松山ケンイチVS東出昌大の将棋対局シーン特報映像公開

Billboard Japan 7月15日(金)17時45分配信

 100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖の一生を描いた映画『聖の青春』の公開日が2016年11月19日に決定し、特報映像(https://youtu.be/jMC2_y8ZKss)とポスタービジュアルが公開された。

映画『聖の青春』ポスター

 原作は、将棋雑誌の編集者だった大崎善生によるノンフィクションの処女小説。病と闘いながら将棋に全人生を賭け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動のエンタテインメントを、豪華キャスト・監督が鮮やかに描き出す。主人公・村山聖は松山ケンイチが、そして聖の最大のライバル・羽生善治を東出昌大が演じ、そのほか、聖を支えた師匠・森信雄役にはリリー・フランキー、母・村山トミ子役に竹下景子、弟弟子・江川役に染谷将太。さらに安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆ら豪華キャスト陣が脇を固める。

 公開された特報映像では、村山聖八段(松山ケンイチ)が羽生善治四冠(東出昌大)に対局を挑む、本作屈指の名シーンが映し出されている。当時の戦績が、5勝6敗とほぼ互角の実力者であった二人の熾烈な対局を、実際の棋譜(モデルになったのは1997年竜王戦1組1回戦)を忠実に再現。プロ棋士・金井恒太六段が現場に指導役として張り付き、細かな所作に至るまでリアリティのある画作りを行ったという。



◎映画『聖の青春』
2016年11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国公開
出演:松山ケンイチ 東出昌大 染谷将太 安田顕 柄本時生 北見敏之 筒井道隆
竹下景子/リリー・フランキー
原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』   
脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『リンダリンダリンダ』
配給:KADOKAWA
(C)2016「聖の青春」製作委員会
<STORY>
1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)七段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから何をおいても将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、背中を押す。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、将棋の最高峰であるタイトル「名人」になるため、一層将棋に没頭し、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

最終更新:7月15日(金)17時45分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。