ここから本文です

第68回エミー賞ノミネーション発表、『ゲーム・オブ・スローンズ』が再び最多

クランクイン! 7/15(金) 19:30配信

 現地時間14日に米テレビ界の祭典=第68回エミー賞のノミネーションが発表になり、『ゲーム・オブ・スローンズ』がドラマ部門で作品賞や助演男優賞、助演女優賞などを含む最多23ノミネートを獲得した。助演女優賞ではサーセイ・バラシオン役のレナ・へディ、デナーリス・ターガリエン役のエミリア・クラークと並び、アリア・スターク役のメイジー・ウィリアムズが初ノミネートされた。ノミネート数は昨年を1つ下回るが、作品賞の候補になるのは6年連続という快挙だ。

【関連】2016年「第68回エミー賞」ノミネート発表<フォト集>


 『ゲーム・オブ・スローンズ』に次ぐノミネーションを獲得したのは、22部門でノミネートされたリミテッドシリーズの『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』。元妻殺しの容疑をかけられたO・J・シンプソンの裁判を描く実録ドラマだ。作品賞の他、弁護士のジョニー・コクラン役コートニー・B・ヴァンスとシンプソン役のキューバ・グッディング・Jr.が主演男優賞、検察官マーシャ・クラーク役のサラ・ポールソンが主演女優賞にノミネートされた。

 リミテッドシリーズでは『The Night Manager(原題)』でトム・ヒドルストン、『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』でベネディクト・カンバーバッチが主演男優賞ノミネートを獲得した。

 第68回エミー賞授賞式は現地時間9月18日に開催予定。司会はジミー・キンメルが務める。主なノミネートは以下の通り。

 【ドラマ部門】
■作品賞
『ジ・アメリカンズ』
『ベター・コール・ソウル』
『ダウントン・アビー』
『ゲーム・オブ・スローンズ』
『HOMELAND/ホームランド』
『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』

■主演男優賞
カイル・チャンドラー(『ブラッドライン』)
ラミ・マレック(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』)
ボブ・オデンカーク(『ベター・コール・ソウル』)
マシュー・リス(『ジ・アメリカンズ』)
リーヴ・シュレイバー(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)
ケヴィン・スペイシー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)

■主演女優賞
クレア・デインズ(『HOMELAND/ホームランド』)
ヴィオラ・デイヴィス(『殺人を無罪にする方法』)
タチアナ・マズラニー(『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』)
タラジ・P・ヘンソン(『Empire 成功の代償』)
ケリ・ラッセル(『ジ・アメリカンズ』)
ロビン・ライト(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)

■助演男優賞
ジョナサン・バンクス(『ベター・コール・ソウル』)
ピーター・ディンクレイジ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
マイケル・ケリー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)
ベン・メンデルソーン(『ブラッドライン』)
キット・ハリントン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
ジョン・ヴォイド(『レイ・ドノヴァン』)

■助演女優賞
エミリア・クラーク(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
レナ・ヘディ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
マギー・スミス(『ダウントン・アビー』)
モーラ・ティアニー(『アフェア 情事の行方』)
メイジー・ウィリアムズ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
コンスタンス・ジマー (『UnReal(原題)』)

【コメディ部門】
■作品賞
『black‐ish(原題)』
『マスター・オブ・ゼロ』
『モダン・ファミリー』
『シリコンバレー』
『トランスペアレント』
『アンブレイカブル・キミー・シュミット』
『Veep(原題)』

■主演男優賞
アンソニー・アンダーソン(『Black-ish(原題)』)
アジズ・アンサリ(『マスター・オブ・ゼロ』)
ウィル・フォーテ(『The Last Man On Earth(原題)』)
ウィリアム・H・メイシー(『シェイムレス 俺たちに恥はない』)
トーマス・ミドルディッチ(『シリコンバレー』)
ジェフリー・タンバー(『トランスペアレント』)

■主演女優賞
トレイシー・エリス・ロス(『black-ish(原題)』)
ローリー・メトカーフ(『Getting On(原題)』)
リリー・トムリン(『グレイス&フランキー(原題)』)
エイミー・シューマー(『Inside Amy Schumer(原題)』)
エリー・ケンパー(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』)
ジュリア・ルイス=ドレイファス(『Veep(原題)』)

■助演男優賞
ルーイ・アンダーソン(『Baskets(原題)』)
アンドレ・ブラウアー(『Brooklyn Nine‐Nine(原題)』)
キーガン=マイケル・キー(『Key & Peele(原題)』)
タイ・バーレル(『モダン・ファミリー』)
タイタス・バージェス(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』)
トニー・ヘイル(『Veep(原題)』)
マット・ウォルシュ(『Veep(原題)』)

■助演女優賞
アンナ・クラムスキー(『Veep(原題)』)
ギャビー・ホフマン(『トランスペアレント』)
アリソン・ジャネイ(『Mom(原題)』)
ジュディス・ライト(『トランスペアレント』)
ケイト・マッキノン(『サタデー・ナイト・ライブ』)
ニーシー・ナッシュ(『Getting On(原題)』)

最終更新:7/15(金) 19:30

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革