ここから本文です

間近で寄席楽しんで きょう16日から「たかおか落語祭り」

北日本新聞 7月15日(金)21時57分配信

 たかおか落語ふぁんくらぶ(塚田高史会長)は16~18日、「たかおか落語祭り2016~最も落語を感じる3日間~」を高岡市内で開く。祭りを前に、二つ目の落語家、三遊亭好の助さん(東京)と塚田会長が15日、北日本新聞高岡支社を訪れ、祭りの魅力を語った。

 好の助さんのほか、真打ちの金原亭馬玉さんらを招き、落語を間近で見てもらおうと初めて開く。16、17日は市内の飲食店や駅地下など7カ所に寄席を設け、18日は市伏木コミュニティセンターで公演する。高岡の街並みに合った演目で、高岡と落語の魅力を同時に味わえる。好の助さんは「落語が初めての人も気軽に楽しんでほしい」と話した。北日本新聞社後援。

 チケットは伏木地区のストアーまるしんや北日本新聞伏木販売店をはじめ、会場などで販売している。問い合わせは塚田会長、電話080(6358)1192。

北日本新聞社

最終更新:7月15日(金)21時57分

北日本新聞