ここから本文です

メジャーで年間最多セーブ誕生の予感…!? メッツ守護神にかかる期待

ベースボールキング 7月15日(金)16時0分配信

シーズン62セーブという快記録

 メジャーで「セーブ王」といえば、誰の名前が浮かぶだろうか――。

 中でも鮮烈な印象を残した投手というと、歴代最多の通算652セーブを誇るヤンキースの守護神マリアノ・リベラや、84試合連続セーブ成功記録を持つドジャースのエリック・ガニエといったところが挙がる。

 彼らは前人未到の記録を打ち立て、自チームのファンには歓喜を、相手チームのファンには絶望をもたらした。


 しかし、シーズン最多セーブ記録の保持者は彼らではない。

 2008年、年間で62個のセーブを挙げて最多記録を樹立したのが、エンゼルスのフランシスコ・ロドリゲス。人呼んで“K-ロッド”である。

 それまでのシーズン最多記録は、1990年にボビー・シグペンが記録した57セーブ。それを5つも上回る大記録であった。

 それにしても、62セーブとは驚異的な数字だ。日本プロ野球のシーズン記録は、2005年の中日・岩瀬仁紀(146試合制/60登板)と2007年の阪神・藤川球児(144試合制/71登板)が記録した47セーブ。試合数がそれぞれ違うとはいえ、そのすごさはご理解いただけるだろう。

 セーブのメジャー記録とそのスゴさをお分かりいただいたところで、本日の本題。2016年のメジャーリーグで、その「62セーブ」という大記録に迫る投手が現れたのだ。

這い上がって掴んだ守護神の称号

 その投手の名はへウリス・ファミリア。ナ・リーグ東地区で2位につけるメッツの守護神である。

 オールスターまでのいわゆる前半戦、ファミリアは43試合に登板して31セーブを荒稼ぎ。2勝1敗31セーブ、防御率2.55という堂々たる成績を残した。

 ちなみに、チームが前半戦で挙げた勝利が47勝。31セーブということは、その66%にあたる31勝に絡んでいるということを意味する。まさに“勝利への使者”となっているのだ。

 ファミリアは、ドミニカ共和国出身の26歳。2007年にメッツと契約した当時は、まだ17歳という若さであった。

 プロ入りから5年、2012年にメジャー初昇格を果たすと、2014年にセットアッパーとして大ブレイク。76試合に登板して2勝5敗、23ホールド、防御率2.21というフル回転でチームを支えた。

 そして2015年。ようやく現在の“クローザー”という地位を手にすることになる。本来抑えを務める予定であったヘンリー・メヒアが禁止薬物問題に引っかかり、出場停止の処分が決定。そこでファミリアに白羽の矢が立った。

 ファミリアはクローザー未経験ながらも、76試合の登板で43セーブをマーク。防御率は1.85と前年よりも安定感の増した投球でチームをリーグチャンピオンへと導いてみせた。

1/2ページ

最終更新:7月15日(金)16時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報