ここから本文です

「スピッツ 醒めない展」開催決定! 実物のモニャモニャも登場

RO69(アールオーロック) 7月15日(金)21時10分配信

スピッツのニューアルバム『醒めない』の発売を記念して、発売前日の2016年7⽉26⽇(⽕)~8⽉7⽇(⽇)までの期間、タワーレコード渋⾕店「SpaceHACHIKAI」にて「スピッツ 醒めない展」が開催されることが決定した。

同店での展覧会は、前作のアルバム『⼩さな⽣き物』を発売した際に開催された「スピッツ ⼩さな⽣き物展」に続き2回目となる。今回開催される「スピッツ 醒めない展」では、アルバム『醒めない』のジャケットに起⽤されている架空の⽣き物「モニャモニャ」の実物や、スタジオ写真の展⽰が行われる。また、メンバーがあたかも⾃分のためだけに演奏してくれるかのような、バーチャルリアリティー体験ができる有料の企画も用意されているという。

さらに、スピッツ×TOWER RECORDSコラボグッズが、タワーレコード渋⾕店およびタワーレコードオンラインにて2016年7⽉26⽇(⽕)10:00 より販売されることも決定した。

展覧会の詳細は以下の通り。

●展覧会情報
「スピッツ 醒めない展」
期間:2016年7⽉26⽇(⽕)~8⽉7⽇(⽇)
会場:タワーレコード渋⾕店8F「SpaceHACHIKAI」
営業時間:11:00~21:00(最終⼊場20:30)
⼊場料:¥500(税込)※未就学児無料
※バーチャルリアリティーをご利⽤の際は、別途¥500(税込)頂戴いたします

タワーレコード渋⾕店HP
http://towershibuya.jp/news/2016/07/15/75822

RO69(アールオーロック)

最終更新:7月15日(金)21時10分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。