ここから本文です

ASIAN KUNG-FU GENERATION、農業ボランティアにサプライズ参加!

RO69(アールオーロック) 7月15日(金)20時45分配信

本日2016年7月15日(金)に福島県福島市の農地にて「RockCorps supported by JT 2016」のボランティア活動が行われ、ASIAN KUNG-FU GENERATIONがサプライズで登場した。

イベント参加者が作業の説明を受けている中、ネギ畑に1台の車が到着し、中から「RockCorps supported by JT 2016」のTシャツを着たメンバー4人が登場すると参加者から驚きや喜びの歓声がわきあがった。

後藤正文(Vo. / Gt.)は「草むしり頑張ります。今日はよろしくお願いします!」と意気込みを述べ、ボランティア活動に臨んだ。ネギ畑の草むしり作業が始まると、喜多建介(Gt.)が「雑草と間違えてネギ抜いちゃった!」と発言。それを聞いた山田貴洋(B)が「抜いたものは買取になりますので」と和気藹々と参加者とふれ合いながら活動を行っていた。

誰よりも早く1列分のネギ畑くさむりを終えた後藤は「僕のおじいちゃんが農家だったんですよ。たまに手伝ったりしていたので」と述べ、その草むしりの速さに周りの参加者も驚いていた。

後半の作業では、黄色い大きなかごを肩に掛けながらナスの収穫を行い、作業が終わると収穫したばかりのナスがその場で切り分けられた。メンバーも自分で収穫したナスを一口。「おー。甘いんですね!おいしい。」と伊地知潔(Dr)は満足げな表情を浮かべながらナスを味わったという。

2016年9月3日(土)に行われるセレブレーション(ライブイベント)の参加引換券は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバー4人からボランティアの参加者へ直接手渡され、参加者全員との記念撮影が行われた。

後藤は「なにげなく食べている野菜も、こうやって誰かの手で育たれて、僕らのもとに届いていると知れたのは良かった。」と感想を述べ、今回のボランティアを締めくくった。

「RockCorps supported by JT 2016」ではセレブレーション当日の2016年9月3日(土)までボランティアを実施しており、本ボランティアに参加した全員が、セレブレーションに参加できる。公式ホームページでは、現在もボランティア参加
者を募集している。

「RockCorps supported by JT 2016」公式サイトはこちら。
http://rockcorps.yahoo.co.jp/2016/

今回のボランティアに関して、メンバーがコメントを寄せている。

-------------------------------
Q ロックコープスに参加した理由とボランティアへの意気込みを聞かせてください。
後藤:オーディエンスもミュージシャンもボランティアに参加する「RockCorps supported by JT 2016」の取り組みはとても面白いと思いました。少しでも福島の人たちの力になれたらと思っています。

Q 福島へ来たのは初めてですか?
山田:ASIAN KUNG-FU GENERATIONとしてツアーで来ました。

Q 農作業をやってみてどうでしたか?
後藤:農業は好きなので、時間があれば自分でもやってみたいですね。

Q セレブレーションへ向けて意気込みを一言お願いします。
後藤:じゃあ、建ちゃん(G)一言!
喜多:ネギでギター弾こうかなと。(笑) ナスの方がいいかな?(笑)
後藤:ナスもだめだろう!(笑) 改めて一言どうぞ。
喜多:今日、参加者の方から『ソラニン』をリクエストされたので、セレブレーションでやります!がんばります!
-------------------------------

●ボランティア概要
受入団体:福島市
活動実施日時:7月15日(金)12:00~ 16:30
活動場所:福島県福島市土船字新林1
活動内容:農業地の土壌整備・苗植え・種まき・草むしりを行う、農業ボランティア
ボランティア募集HP: http://rockcorps.yahoo.co.jp/2016/

RO69(アールオーロック)

最終更新:7月15日(金)20時45分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。