ここから本文です

「テリーは大切な選手。キャプテンだ」…コンテ監督、チェルシーで始動

SOCCER KING 7月15日(金)11時55分配信

 チェルシーの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督が14日、記者会見に臨んだ。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 イタリア代表を率いていたコンテ監督はユーロ2016を終え、チェルシーで始動した。すでに3日間、トレーニングを指導。そして14日に就任会見に臨んだ。

 コンテ監督は記者からの質問を受ける前に「大きな喜びを感じる。チェルシーとともに迎える新しいシーズンが楽しみだよ。個人としても、キャリアにおける新たなチャプターに突入した」と、新天地での始動に期待感を示した。

 そして「プレッシャーについては問題ないよ。(プレッシャーとは)生まれながらの付き合いなんだ。ビッグクラブの選手や監督なら、プレッシャーがあるのは当然だよ。チェルシーのようなクラブにいる以上は優勝争いを目指すのは当たり前のことだと思う」と話し、以下のように続けた。

「昨シーズンは(プレミアリーグで)10位フィニッシュだった。残念な結果だったが、大切なのは今だ。毎日、一生懸命頑張ること、そしてクラブやファンのために成功すること(が大事なん)だ。最後までタイトル争いに加わるという姿勢を、サポーターに見せる必要がある」

 またコンテ監督は、元イングランド代表DFジョン・テリーについても言及。一時は退団が決定的とも報じられた同選手だが、5月18日に1年の契約延長が発表された。コンテ監督は「彼はこのチームのキャプテンだ。大切な選手で、人間性もカリスマ性もあるね。ジョン・テリーはたとえピッチに立っていなくても、チェルシーのキャプテンだ。それは変わらないよ。ジョンは5月に契約を延長した。クラブと全員で決めたことで、(契約に)サインしてくれて嬉しいよ」と、引き続き同選手にキャプテンを任せる意向を明かしている。

SOCCER KING

最終更新:7月15日(金)12時11分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。