ここから本文です

湘南FWキリノ、J3大分へ期限付き移籍「J2昇格に貢献できるように」

SOCCER KING 7月15日(金)10時37分配信

 湘南ベルマーレの元U-23ブラジル代表FWキリノが、大分トリニータへ期限付き移籍で加入することが決まった。15日に両クラブが発表した。移籍期間は2016年7月15日から2017年1月1日までで、背番号は未定。

 キリノは1985年生まれの31歳。2009年にコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)に移籍し、同年のJ2リーグでは48試合出場19ゴールを記録した。翌2011年は2ゴールにとどまり、大邱FCへ期限付き移籍。2012年に札幌へ復帰し、同年7月に湘南へ完全移籍で加入した。

 湘南加入後、2012年はJ2リーグで17試合出場7ゴールを記録。翌2013年はJ1リーグでの戦いに臨んだが、8月にUAE(アラブ首長国連邦)のアル・シャアブへ期限付き移籍で加入した。翌2014年8月にヴァンフォーレ甲府へ移籍し、昨年9月に湘南へ復帰した。今シーズンは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第3節終了時点で5試合出場、JリーグYBCルヴァンカップでは2試合出場を記録していた。

 なお、キリノは東ティモール国籍を有しており、アジア枠での選手登録が可能。大分には現在、ブラジル人DFダニエルと同FWパウリーニョ、韓国人FWキム・ドンウクが所属している。

 移籍にあたり、キリノは湘南に対して以下のようにコメントしている。

「湘南ベルマーレでプレーしている間、練習や試合でいつもサポーターの方々に温かく見守られ、声援で後押しされることで勇気をもらい、チームのために頑張れました。湘南サポーターは私のハートをしっかりゲットしています。サッカー選手として、ここで一生忘れられない思い出が沢山できて、とても幸せです。チームを離れますが、今後とも応援をよろしくお願いします」

 移籍先の大分に対しては以下のようにコメントしている。

「大分トリニータへ加入することになりましたキリノです。大分はJリーグでルヴァンカップ優勝の経験ある伝統的なクラブです。サポーターの期待に応えられるように最善を尽くし、力を発揮してチームをJ2昇格に貢献できるように努力します。これから応援よろしくお願いします」

SOCCER KING

最終更新:7月15日(金)10時52分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。