ここから本文です

“胸スポンサー”の行方は…バルサ、カタール政府系企業との契約を延長か

SOCCER KING 7月15日(金)16時31分配信

 バルセロナが、カタール・スポーツ・インベストメント(QSI)とのスポンサー契約を1年延長した模様だ。スペイン紙『アス』が14日に報じている。

 QSIはカタールの政府系企業で、バルセロナとは2010年12月に5年半の契約を結んでいた。同契約が満了を迎える今夏、動向が注目されていたが、1年の契約延長で合意に至ったようだ。スポンサー契約料は4000万ユーロ(約47億3000万円)と報じられている。

 現在、バルセロナをめぐっては、新シーズンのユニフォームの“胸スポンサー”がどの企業になるかが注目の的となっている。報道によると、アメリカの小売業大手「アマゾン」社が名乗りを上げており、バルセロナ側の回答を待っている段階だという。

 QSIとの契約締結後、バルセロナのユニフォームには同企業の系列組織のロゴが“胸スポンサー”として掲示。2011-12シーズンからの2年間は「カタール財団」、そして2013-14シーズン以降の3年間は「カタール航空」のロゴが入っていた。

 新シーズン、バルセロナのユニフォームに入るロゴはどの企業のものになるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:7月15日(金)16時33分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。