ここから本文です

プレシーズンマッチで日本人対決…香川と宮市が先発出場

ゲキサカ 7月15日(金)10時29分配信

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとFW宮市亮の所属するザンクト・パウリが14日、オーストリアのベルグルでプレシーズンマッチを行った。

 両選手はともに先発出場。ともに前半のみの出場となった。

 試合は前半4分にMFピエール・エメリク・オーバメヤンがループシュートを決めて、ドルトムントが先制。同18分にはオーバメヤンがPKで加点し、前半を2-0で折り返した。

 メンバーを大きく入れ替えた後半にザンクト・パウリも反撃。後半16分と34分にFWニコ・エンペンが得点し、試合を振り出しに戻す。

 しかしドルトムントは後半43分に18歳MFオーレル・マンガラのゴールで再び勝ち越し。このゴールが決勝点になり、ドルトムントが3-2で勝利した。

最終更新:7月15日(金)10時29分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。