ここから本文です

ボーンマスがリバプールから新鋭FWを21億円で獲得

ゲキサカ 7月15日(金)13時50分配信

 ボーンマスは14日、リバプールからU-21イングランド代表FWジョーダン・アイブ(20)を獲得したことを発表した。4年契約を結んでいる。『メトロ』によると、移籍金はクラブ史上最高額の1500万ポンド(約21億円)になるという。

 2012年からリバプールでプレーしたアイブは、リバプールで58試合に出場し、4得点を決めている。今夏、ボーンマスへ移籍するとずっと噂されていたが、それが遂に実現したかたちだ。

 ボーンマスのニール・ブレイクCEOは「ジョーダンを獲得することができて、本当に嬉しく思っている」とコメント。「これで5人の選手を獲得したことになった。全員が素晴らしいポテンシャルを秘めた選手だ。私たちは、選手の育成に真剣なんだ。、そして、ずっとプレミアリーグに残りつづけたいとも考えている」と期待を語った。

 ボーンマスとの個人合意に至ったアイブは、水曜日にメディカルチェックを行い、アメリカのプレシーズンツアーに合流する予定だ。

最終更新:7月15日(金)13時50分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。