ここから本文です

リバプールに8年半在籍、シュクルテルが新天地フェネルバフチェへ

ゲキサカ 7月15日(金)18時17分配信

 フェネルバフチェは14日、リバプールからスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルを獲得したことを発表した。12日にトルコ入りした同選手は13日にメディカルチェックを受けていた。現地メディアによると、リバプールには550万ポンドが支払われる見通しだ。

 シュクルテルは2008年1月にゼニトからリバプールに加入。長年、レギュラーとして活躍してきたが、昨季途中に就任したユルゲン・クロップ監督の下では出場機会に恵まれなかった。今オフ、31歳DFは8年半在籍したクラブを離れることを示唆していた。

最終更新:7月15日(金)18時31分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。