ここから本文です

リーガ初の日本人対決は第4節…リーガ・エスパニョーラが16-17シーズン日程発表

ゲキサカ 7月15日(金)22時12分配信

 リーガ・エスパニョーラは15日、2016-17シーズンの日程を発表した。開幕節は8月21日。王者バルセロナはホームでベティスと、レアル・マドリーは敵地でソシエダと、アトレティコ・マドリーはホームで昇格組のアラベスと対戦する。

 リーガ史上初の日本人対決が注目されるMF清武弘嗣の所属するセビージャと、MF乾貴士の所属するエイバルの対戦は、9月18日に行う第4節にエイバルのホームで実現する。

 またバルセロナとレアル・マドリーによる『クラシコ』は、12月4日の第14節にカンプ・ノウ、17年4月23日の第33節にサンティアゴ・ベルナベウで行うことが予定されている。

 開幕カードは以下の通り。

第1節
8月21日
ソシエダ vs レアル・マドリー
バルセロナ vs ベティス
バレンシア vs ラス・パルマス
アトレティコ・マドリー vs アラベス
デポルティボ vs エイバル
スポルティング・ヒホン vs ビルバオ
セビージャ vs エスパニョール
グラナダ vs ビジャレアル
マラガ 対 オサスナ
セルタ 対 レガネス

最終更新:7月15日(金)22時13分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。