ここから本文です

横浜ゴム、アイスガードブランド初のSUV用スタッドレスタイヤを発売

オートックワン 7月15日(金)16時44分配信

横浜ゴムは、乗用車用スタッドレスタイヤブランド「iceGUARD(アイスガード)」初のSUV用となる「iceGUARD SUV G075(アイスガード エスユーヴィ ジーゼロナナゴ)」を2016年9月から順次発売する。

このニュースのフォトギャラリー

発売サイズは235/55R18 100Q~175/80R15 90Qの24サイズで、今後も更なるサイズ拡大を行っていく。価格はオープンプライス。

「アイスガード SUV G075」は「SUVに、飛躍の氷上性能を」をテーマに、SUVユーザーからのニーズが最も高い氷上性能の向上に主眼を置いて開発された。

また、氷上性能の他に関心の高い性能永持ちと省燃費に加え、近年人気の都市型SUVに対応するため、静粛性も追求した。開発にあたっては「アイスガード」の基本コンセプト「氷に効く」「永く効く」「燃費に効く」を投入し「アイスガード」の最新技術を惜しみなく搭載した。

「氷に効く」では「アイスガード」の最新コンパウンド技術「スーパー吸水ゴム」と「アイスガード」のパターン技術を取り入れた専用トレッドパターンを採用した。

「スーパー吸水ゴム」がスリップの原因となる水膜を吸水し、さらにトレッドパターンとの相乗効果で高い接地性とエッジ効果を発揮。これにより、氷上制動性能を従来品(「GEOLANDAR I/T-S」)に比べ23%向上した。

「永く効く」では「スーパー吸水ゴム」に配合した「ブラックポリマーII」と「エボ吸水ホワイトゲル」が低温時でもゴムの柔らかさを維持し、長期間にわたって高レベルの氷上性能を持続する。「燃費に効く」では低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」の技術を応用した「低発熱トレッドゴム」を採用。発熱によるエネルギーロスを抑え、転がり抵抗を5%低減した。

さらに横浜ゴム独自のシミュレーション技術により溝配置を適正化することでパターンノイズを28%低減(騒音エネルギー低減率での比較)するなど静粛性を高めている。

最終更新:7月15日(金)16時44分

オートックワン