ここから本文です

BMW、バリアフリー運転装置を装着したEV「BMW i3」の特別試乗会を実施

carview! 7月15日(金)17時0分配信

BMWは7月16日(土)・17(日)の2日間、バリアフリー運転装置の開発・製造・販売を手掛けるニコ・ドライブと共同で、車いす生活の方でも簡単に利用できるポータブル手動運転装置「ハンドコントロール」を装着したBMW i3の試乗会を実施する。

【BMW i3の写真をもっと見る(6枚)】

それに先立って行われたプレス向け説明会では、BMW i3へのハンドコントロール装着の実演と一般道での体験試乗が行われた。ニコ・ドライブ代表取締役 神村浩平氏によると、これまで車いすの方が運転する車には特別な改造が必要で、そのために通常1ヶ月程度の期間を要したという。ハンドコントロールを利用すれば装着にかかる時間は5~10分程度で、2ペダル式のいろいろな車がすぐに運転可能となる。

実際に装着の様子を見ることができたが、ブレーキペダルとアクセルペダルを器具に固定し、最後にペダル操作を行う持ち手部分をストラップでステアリングコラムに固定すれば準備は完了。操作方法は押してブレーキ、引いてアクセルとなり、多少の慣れは必要なものの、5分程度の説明を受けてすぐに公道で運転することができた。神村氏は、「車いす生活の方にもっと積極的に運転する機会を提供したい」と、イベントへの期待を語った。

<開催期間>
2016年7月16日(土)・17日(日)
<開催場所>
BMW i Megacity Studio(BMW i メガシティ・ステュディオ)
東京都港区西新橋2-16-6(虎ノ門ヒルズ向かい)
http://bmw-i.jp/Megacity/
<試乗受付時間>
10:00~17:00

株式会社カービュー

最終更新:7月16日(土)9時33分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]