ここから本文です

【速報】松山英樹は2度の3連続ボギーで崩れる、メジャー連続で予選落ちか

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月16日(土)3時54分配信

海外男子メジャーの第3戦「全英オープン」2日目、1オーバー75位から出た松山英樹は1バーディ、8ボギー「78」(パー71)と崩れ通算8オーバー。暫定ながら114位まで後退し、予選カットラインの70位タイまでに入るのは、ほぼ不可能。6月の「全米オープン」に続く予選落ちが決定的となった。

風との戦い!全英オープンフォトギャラリー

出だしは悪くなかった。パーを並べ迎えた5番でバーディを先行した。だが、続く6番ですぐにボギー、貯金を吐き出した。8番も落とし、後半に入ると10番からは3連続と悪い流れを止められなかった。さらに16番から再び3連続ボギーを叩いた。

現在のカットライン上は4オーバー。初日3アンダーで12位と好発進を決めた今平周吾も失速した。連続ダブルボギーを叩くなど16番を終え6オーバー。

17番を終えた谷原秀人は、9オーバー。ホールアウトしている宮里優作、塚田陽亮、小平智も予選通過は厳しい状況になった。

池田勇太は、この日3つ落としたが通算イーブンパー。ほかには市原弘大が15番終了時点でカットライン上の暫定68位にいる。

単独首位のフィル・ミケルソンは10アンダーとしている。

最終更新:7月16日(土)8時5分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。