ここから本文です

松山英樹111位で予選落ち 池田、市原が通過 ミケルソン堅首

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月16日(土)5時39分配信

◇海外メジャー◇全英オープン 2日目◇ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)◇7190yd(パー71)

風にほんろう!「全英オープン」フォトギャラリー

8アンダー単独首位から出たフィル・ミケルソンが4バーディ、2ボギー「69」で通算10アンダーとした。2013年の全英オープンを制して以来、遠ざかっている優勝へ向け、首位を堅守して、決勝ラウンドに進出した。

7バーディ、1ボギー「65」と好プレーを見せたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が1打差の通算9アンダー2位につけた。ソレン・ケルドセン(デンマーク)、キーガン・ブラッドリーが通算7アンダーの3位で並んだ。前年覇者のザック・ジョンソンが通算5アンダー5位。

日本勢で予選通過したのは池田勇太と市原弘大の2選手。池田は通算イーブンパー27位。市原は通算4オーバー67位とカットライン上での通過だった。

初日1オーバー75位と出遅れた松山英樹は、1バーディ、8ボギーの「78」と崩れた。通算8オーバーで111位まで後退し、6月「全米オープン」に続き海外メジャー2戦連続での予選落ちを喫した。

3アンダー12位から出た今平周吾も失速した。3つのダブルボギーを叩き「80」で通算6オーバー89位。

宮里優作は松山と同じ111位、谷原秀人は122位、塚田陽亮は130位、小平智は138位に終わった。

最終更新:7月18日(月)10時17分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。