ここから本文です

伊東豊雄氏設計の台中国家歌劇院、8月26日プレオープンへ/台湾

中央社フォーカス台湾 7/16(土) 11:07配信

(台北 16日 中央社)建築家の伊東豊雄氏が設計を手掛けた「台中国家歌劇院」(台中市)が8月26日にプレオープンする。正式開館は9月30日。文化部(文化省)が12日、明らかにした。プレオープン当日には開幕セレモニーが行われる。

歌劇院の建設に要した期間は10年余り。台中市政府と文化部が共同出資し、台中市が計画と工事を進めてきた。工事はまもなく完了。その後は文化部に寄贈され、ナショナル・パフォーミング・アーツ・センター(国家表演芸術中心)の管轄施設として運営される。

鄭麗君文化部長は、同センターの使命は、芸術産業の発展と国民の芸術・文化的素養の向上だと言及。歌劇院が新たに加わることで、台湾全土のパフォーマンス団体により幅広いサービスを提供できるようになると自信を示している。

8月26日には伊東氏の建築展も開幕するほか、9月29日までのプレオープン期間中は国内のパフォーマンスチームにより、様々な公演が行われる。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)

最終更新:7/16(土) 11:07

中央社フォーカス台湾