ここから本文です

<ラグビー>1勝で全日程を終えたサンウルブズの収穫と課題

THE PAGE 7/16(土) 16:00配信

 国際リーグのスーパーラグビーに日本から初参戦したサンウルブズが、初年度の戦いを終えた。
 現地時間7月15日夜、南アフリカはダーバンのキングスパークスタジアム。上位8強によるプレーオフ進出を目指すシャークスと、打ち合いを演じた。結果は、29―40と惜敗した。
立ち上がりはセットプレーからの手数の少ない攻めで連続失点も、センターのパエア・ミフィポセチの大きな突破、スクラムハーフの茂野海人による鋭い速攻などで前半を19―21と競った。

 後半も相手のエラーでしばし自軍ボールを確保したが、最後尾のフルバックの位置からリアン・フィルヨーンが徹底マークされるなど、上手く陣地が確保できなくなった。28-22のスコアで迎えた30、36分に連続失点し、ほぼ力尽きたか。

ジャパンこと日本代表とのリンクも期待されるクラブは、これで最終成績を1勝13敗1分けとした。過去の初参戦クラブのなかでも最低の成績に終わったが、この日のゲーム主将を務めたスタンドオフの田村優は言った。
「もっと勝ちたかったし、良くするところはあります。ただ、皆がポジティブに小さなことを積み上げてきた。これからの日本のラグビーのためになるいい積み上げはできた」

 ジャパンは前年までの4年間、エディー・ジョーンズヘッドコーチ体制下にあった。おもに宮崎県内でおこなわれる長期合宿を通し、理不尽を超える力とチームの結束を醸成。2015年秋のワールドカップイングランド大会では、南アフリカ代表などから歴史的な3勝を挙げた。そして、2019年の日本大会に向けたボトムアップの手法が、2014年に参戦が決まったスーパーラグビーでの経験だった。

 サンウルブズには、日本のトップリーグとスーパーラグビーの両方でプレー経験のあるトゥシ・ピシがいた。終盤戦は故障離脱も、スタンドオフの位置で鋭い突破力を披露。そんなピシも、かねて「日本のトップリーグの決勝よりワンランク上の試合が毎週おこなわれるのが、スーパーラグビーです」と語っていた。このステージでのプレーが個々の基準値を高め、ワールドカップのテストマッチ(国際間の真剣勝負)など高質なゲームへの免疫をつけられるのだ、と。

 練習で鍛えるのではなく、本番で鍛える。それがいまの日本代表の基本理念なのだ。事実、力自慢のチームが並ぶ南アフリカカンファレンス1で、サンウルブズの各選手は確かな手応えを掴んだ。

 5試合でゲーム主将を務めたセンターの立川理道は、7月2日に一昨季王者のワラターズとぶつかった際(東京・秩父宮ラグビー場/12―57と敗戦)に実感したか知らずのうちに、自身がタフになった、と。

 仲間と2人がかりでタックルしながら、相手のボールをもぎ取る。そんなシーンを、2度も演出したのだ。

 もともと、敵の球を奪うジャッカルというプレーを好んでいた。スーパーラグビーの舞台でそれと同種の技術を発動した格好だ。後にこう、振り返るのである。

「タックルは(力勝負ではなく)スキル(が重要)だと思っているんですけど、そのスキルの向上が高いレベルのなかでできていると思います」

 タフさの象徴は、立川のいないシャークス戦でも示された。

 序盤の攻撃機会では、しばしタックラーに掴み上げられる格好で押し戻された。南アフリカのチームが得意とする、チョークタックルという力業を食らったのだ。それでも時間を重ねるごとに、そのチョークタックルに屈せず球を保持するようになる。ランナーが腰を落とし、後方の援護と対になって進んだ。

 常に密集戦の間近に立つ茂野は、ここに至るまでの背景をこう表現した。

「一概に言えないですが、どこのチームもコンタクトが強い。(サンウルブズは)姿勢を低くして当たる、アーリー(素早い)サポートを…(が必須となる)。その意味ではいい経験ができている」

 6月、サンウルブズ勢を軸にした日本代表が活動。欧州6強の一角であるスコットランド代表を愛知と東京に迎えた。いずれも敗れたものも、短時間の準備期間ながらクロスゲームを演じられた。その背景にも、かような個々の成長があった。
   

1/3ページ

最終更新:7/16(土) 16:00

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。