ここから本文です

一夫多妻制アイドル、清 竜人25 ちょっとエッチを思いっきりかわいくした夏ソング/インタビュー1

エキサイトミュージック 7/16(土) 10:00配信

 
■清 竜人25/New Single『アバンチュールしようよ(ハートマーク)』インタビュー(1/3)

【この記事の関連画像をもっと見る】

ちょっとエッチを思いっきりかわいくしたサマーソング

夫が一人に、夫人が6人という編成の異色のアイドルグループ、清 竜人25から、初のサマーソング『アバンチュールしようよ(ハートマーク)』が届けられた。一聴しただけで“夏”を感じるサウンドに、「女の子にここまで言わせる!?」と、思わず突っ込みを入れてしまいたくなるような際どい歌詞が乗った、これぞ清 竜人25にしか表現できない世界観の楽曲。夫婦がコンセプトなグループだからこそ歌える、妻と夫のやり取りを描いたカップリングの「Coupling(ハートマーク)」を含め、ちょっとエッチを思いっきりかわいく表現した“清 竜人25ワールド”を堪能できる一枚となっている。今作について、夫であり、楽曲の作詞・作曲を手掛ける清 竜人と、第1夫人の清 咲乃、第4夫人の清 美咲に話を聞いた。
(取材・文/瀧本幸恵)

本末転倒というか、肩書が変わり始めてるかも

――5枚目となるシングル『アバンチュールしようよ(ハートマーク)』が発売になりますが、正直、このユニットがここまでコンスタンスに作品を発表していくとは、当初は思っていませんでした(笑)。

清 竜人(以下、竜人):そうですか(笑)。始めるときからリリースはコンスタントにしようと思っていたし、ライブの本数も増やそうと思っていたので、だいたいは想定内なんですけど、2年以上やるとは自分でも思ってなかったですね。

――竜人さんはソロアーティストとしてデビューされていたので、そちらが軸で、ユニットは期間限定とかの活動なのかな?と思っていたんですけど、今やこちらの方が軸になっているというか(笑)。

竜人:そうなんですよ。8月に【TOKYO IDOL FESTIVAL 2016】に出演するんですけど、個人的に今年で3回目の出演なんですね。それを考えると、フジロック(【FUJI ROCK FESTIVAL】)は1回しか出てないし、ロックインジャパン(【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】)も3回は出てないし、アイドルフェスの方が出演回数多いなっていう(笑)。なんか本末転倒というか、肩書が変わり始めてるかも。ウィキペディアの肩書の順番もアイドルを先にしたほうがいいかなって(笑)。

――(笑)。想定内だったとはいえ、ソロのときよりも曲をリリースするペースも上がっていますよね。そのエネルギーの源は、やはりご夫人たちの存在だったりするんでしょうか?

竜人:それももちろんありますけど(笑)。単純にファンも増えてきて、伸びしろがあるプロジェクトだな、と思ったというはありますね。曲を作るペースも慣れというか、ソロの頃は一年に一枚アルバムを出すか否かくらいのペースで、それにくらべたら25(トゥエンティーファイブ)の方が早まってはいますけど、生活のリズムを変えるような感覚で、夜型だったのを強引に朝型に変えてみて、しばらく続けてたらそれが体に入ってきたような感じなんですよ。だから、そんなに産みの苦しみみたいのもないし、今はこっちのほうがしっくり来てる感じではあります。


とりあえず当日その場所に行くことが大事

――そうなんですね。前回取材をさせていただいたときは、曲が完成するのがレコーディング当日だったりして、夫人の皆さんも大変だ、みたいなお話をされていたのですが、ペースに慣れてきたということは、その辺りも改善されてきているんですか?

清 咲乃(以下、咲乃):それは今も変わってないよね。

清 美咲(以下、美咲):(レコーディングの)2日前とかに歌詞が来たら「今回は早い!」って思っちゃうくらい(笑)。慣れって怖い。

竜人:慣れは大事(笑)。

――それに対する対策みたいなものはできてきてるんですか?

美咲:もう、なるようになるさ、です。

咲乃:それだね。現場に行けばどうにかしてくれるでしょ、みたいな。

美咲:とりあえず当日その場所に行くことが大事。

竜人:すごいね、それって。

一同:(笑)

――嫁の教育が上手ですね(笑)。夫人同士の関係はどうですか?

咲乃:いいところも悪いところも含めてみんなを好きになりました。家族みたいな感覚で、まだ2年くらいなんですけど、もう10年くらい一緒にいるんじゃないか?っていう感じがしてます。

――夫人の間での役割ってありますか? みんな夫人なんで微妙なんですけど(笑)、誰がお母さんっぽいとか、末っ子っぽいとか。

咲乃:美咲ちゃんはお母さんっぽいかも。いつもなにかやってくれたり、教えてくれたりします。

美咲:なんか心配になっちゃって(苦笑)。咲乃のことはライブ中も気になっちゃって。

咲乃:お母さんみたいな顔で見てくれてるときがあります(笑)。

最終更新:7/17(日) 9:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]